頼れる存在!ケアマネージャー

コミュニケーションとつながりで利用者を助ける存在

ケアマネージャーの仕事と働き方

平成十二年に介護保険制度がスタートし、介護を必要とする人はさまざまな介護サービスを受けられるようになった。
しかし、どのような介護サービスがあるのか、また、その介護サービスはどういった人が受けられるのかといったことは一般の人にはわかりにくいものだ。
そこで、介護サービスとそれを必要とする人の間の橋渡し的な役割として、ケアマネージャーという職業が創設された。
ケアマネージャーは、介護や支援が必要になった人や、その家族の相談に乗り、各人に相応しいケアプランを作成することが主な仕事となっている。
また、作成したプランをもとに、介護サービスを提供する自治体やサービス事業者と利用者との間の連絡役などを担い、要介護者・要支援者が適切な介護サービスを受けられるよう支援を行っていく。
ケアマネージャーとして働く場合には、主に二種類の働き方がある。
一つ目は、自宅で生活する要介護者を支援する「居宅ケアマネ」、もう一つは、介護保険施設など施設で暮らす要介護者の支援を行う「施設ケアマネ」である。
「居宅ケアマネ」と「施設ケアマネ」はどちらも要介護者のケアプランを作成するという主な仕事内容は変わらないのだが、働く環境は大きく異なるのだ。
特に「施設ケアマネ」は、働く施設の規模によって受け持つ人数や役割が大きく変わってくることが特徴である。
大規模な施設では一人で百名を超える人数の入居者を受け持つこともあるようだ。
どちらにしても人と接することの多い、コミュニケーション能力が求められる仕事のため、人と話すことが好きという人に向いている職業と言える。
一緒に読んでほしいサイト【魅力発見!ケアマネージャーのお仕事